無料で動画を視聴できる定番アイテムと言えば、YouTubeではないでしょうか。
パソコンやスマホが手元にあれば直ぐに視聴できるので、暇つぶしにもピッタリなのです。
動画を鑑賞していて、YouTuberになってみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。
実際に小学生を対象に将来なりたい職業を尋ねたところとYouTuberになりたい人が多かったそうです。
また、サラリーマンでも副業として取り組んでみたいと思っている人が多いのも事実です。
投稿した動画が収益源になると言われたらモチベーションか高まりますね。
インターネットを閲覧している時に、YouTubeの収益に関する記事が目に留まりました。
トップアスリートは、たった1年間で一般的なサラリーマンの生涯収入を叩き出すそうです。
調べてみると、多くは事務所に所属していますね。
しかも、様々なサポートを受けられ1再生あたりの単価もやや高いのです。
ところが、一般のYouTuberの懐事情はグッと厳しくなります。
その理由には、一方的な規約改正により単価が下がっていることが原因に挙げられますね。
ひとつの動画が10万回の再生回数があっても、報酬は5,000円から10,000円が相場だそうです。
事務所とタイアップしているYou Tuberであれば同じ再生回数でも30,000円前後になるそうです。
さらに、サポートも加わるので体感的な差はもっと開きますね。
つまり、YouTubeの世界でも格差が生まれているのです。
ちなみに、一般的なYouTuberの報酬は月に1万円行けば上出来らしいですね。
動画を撮影するためには専用の撮影機材も必要になります。
それなりに費用と手間が掛かるので、中々超えられない壁ですね。
ですが、一般的なYouTuberでも稼いでいる人は多くいますよ。
必要になってくるのは視聴者があっと驚かせるような発想力やアイデアがカギを握ると思われます。
周りの友人や知り合いに、同業がいれば理想的ですね。
他の副業にも言えることですが、稼いでいる人達のノウハウを盗むことは必要です。
ただ盗むのではなく、オリジナル的な要素を持たせることです。
素人が稼ぐのは確かに難しいですが、ひとつでも多くの人々が関心をそそられる動画が投稿できればモチベーションがアップしますよ。
また、投稿した動画は削除されない限り資産になるので不労収入の実現も可能です。
また、街中ではYouTubeのセミナーが開催されているので参加してみるのも良いですよ。
コネがあれば、プロから生の話を聞いてみることも効果があると思われます。