日本のサラリーマンの多くは昔に比べて年収が下がってきています。それは日本は20年以上のデフレが続いているので、給与は上がらずどころか、給与が下がるといった傾向にあります。そのため年収が昔に比べると落ちてきています。そこで、会社自体が副業を認めることもあります。通常であればサラリーマンの副業は会社では禁止されるのが一般的ですが、近年は会社自体が副業を認めることも多くなってきています。 そうした理由から、サラリーマンも副業ができるような環境になってきています。ただしその副業といっても、コンビニエンスストアや居酒屋などで働く肉体労働的なアルバイトの副業とインターネットを活用した副業、いわゆるネット副業とがあります。どちらにもメリットがありますが、サラリーマンが副業するには後者の方をおすすめします。その理由はこれから挙げていきます。 肉体労働的なアルバイトを副業とする場合には、本業のサラリーマンの本来業務に支障をきたすこともあります。それはアルバイトは体力を消耗しますので本業とは別に行うと肉体疲労を起こして、本来の業務に集中することができなくなってしまいます。そうなれば、本業に支障をきたすことになります。ですが、ネット副業ならば肉体労働はありません。インターネットを活用した副業なので、好きな時にすれば良いので肉体的ストレスを感じません。そうした理由から、サラリーマンが副業するならばネット副業の方が良いわけです。 ネット副業のメリットは、まさにこの肉体的ストレスを感じずにお金を稼ぐことができる点にあります。仕事から帰ってきて、今日は仕事で疲れたらその日はお休みにすることもできます。自分のマイペースでお金を稼いでいくことができます。 では、ネット副業にはどんなものがあるのかを主な代表例を挙げていきます。まずオーソドックスなのは自分の趣味ブログを書いて、そこにそのブログに関係したアフィリエイトリンクを貼っておくアフィリエイト収入でお金を稼いでいく方法です。また他の方法としてはネットせどりです。このネットせどりは、ネット通販サイトのセールスやフリマアプリなどから物を安く仕入れて、その仕入れた価格よりも高く転売してその差額分を儲ける方法です。価格のリサーチから物を販売するまで全てインターネット上で完結をするので、店舗を歩き回って仕入れる必要がありません。 以上のようなネット副業が初心者でも始めることができますので、サラリーマンがやり始めるにはハードルが低いネット副業の方が本業に支障をきたさないで副業をしていくことができます。