近年ではネットを用いて簡単に稼ぐことが出来ている人というのは少なくはありません。
ネット副業を行なったばかりの人が気になるのは確定申告にまつわることではないでしょうか。
当然のことですが、収入には税金の支払いが生じます。ネット副業を行なっている方というのは本業をしている方も多いため、確定申告について詳しくないといった方も多いはずです。
しかし、ネット副業で収入があった場合に税金の申告を行なわなくてはならないというわけではありません。
確定申告をするに当たり、ある一定の収入金額を超えた場合にのみ行なわなくてはいけません。
本業がある場合には本業の収入でも税金の支払いが生じていますので、副業の確定申告は20万円以上の収入が発生した場合であるとされています。1月から12月までの期間に得た収入が20万円以上ある場合には申告が必要になり、確定申告の場合には雑所得としての申告が必要となります。
月に2万円以上稼いでいる場合には申告が必要となってくるのですが、ここで注意しなくてはならないのは1月から12月の間に稼いだ金額というのではなく、換金されて振り込まれた金額であると言うことがポイントです。
ネット副業の場合には毎月の給料というのが決まっていないケースがほとんどです。
多くの場合には換金申告制になっており、貯まった金額が振り込まれることによって、その年の収入とみなされます。例えば12月に25万円を振り込んでもらった場合には翌年の3月から開始される確定申告で25万円の確定申告を行なわなくてはいけません。しかし、12月に稼いだ金額を翌年の2月に振り込まれた場合にはその年の確定申告ではなく、翌年の確定申告で申請を行なわなくてはいけません。 また、ネット副業の際にはネット通信料金などが経費として何割か駆除されますので、確定申告を行なったからといって必ずしも税金の支払いが発生するとは言えませんが少額だからといって申告を行なわないと、申告漏れ、いわゆる脱税として追加で支払わなくてはいけなくなりますので、必ず申告は必要です。税金を節約する為にはネット副業で必要になった出費はきちんと記録を行うことも大切です。パソコンの購入や通信料金、資料として本などを購入した場合にも経費としての申告が可能ですので、ネット副業だからと軽く考えるのではなく、仕事として領収書などはきちんと保管して申告を行なうことで安心して副業に取組むことが出来ます。